2011年05月23日

「『非正規』をなくす方法」

「非正規」をなくす方法 宣伝.pdf このたび、脇田滋教授と共著で「『非正規』をなくす方法」というタイトルの本を出版させていただくことになりました。税込み1680円です。わが国に広がる正規雇用と非正規雇用の格差を是正していくためにどうしたらいいのか、具体例なども入れて、なるべくわかりやすく提案させていただいたつもりです。
 けっして、むずかしい「法律書」ではありません。私が調査したデンマークの制度や脇田教授の調査された韓国の制度の紹介、公契約条例制定など最新の情報を満載しています。

 ワーキングプアを生み出す「非正規」雇用というわが国の働き方を是正していくために、本書が少しでもお役に立てればうれしい限りです。5月31日発売です。ぜひ、みなさんのご購読をお願い致します。
posted by 中村和雄 at 12:13 | みなさんの意見(4) | TrackBack(0) | 活動日誌
みなさんの意見
脇田先生と書かれた本、ぜひ読ませていただきます。加美嘉史(佛教大学)
Posted by 加美 嘉史 at 2011年05月23日 13:45
http://www.youtube.com/user/seed311dandelion

まだ手直しが必要なβ版ですが、それでも一晩で400人近くが視聴されました。

タイトル検索で来られる方が、多いのが動画コンテンツの世界です。何種類もタイトルを変えてネットに上げてみたいです。また読者の感想も取材したいと思っています。
Posted by グループたんぽぽのたね at 2011年06月15日 12:12
日本を、皆で真っ白に洗濯するぜよ!
Posted by 龍 at 2011年06月17日 10:39
中村さんは、話の導入部で、原発労働者の賃金のことが話されています。このこと自身大問題であると思います。それ以上に、250ミリシーベルト問題が、大問題です。まずは、この労働安全衛生問題、命の問題について、考えてほしいです。
私たちは、6月16日2回目の京都労働局交渉を行いました。1つは、今の原子力事故非常事態宣言で、原発労働者は、殺されようとしている。この問題です。この点、なかなか知らされてはいませんが、日本は、今非常事態宣言がなされている国です。戦時非常事態宣言であり、原発労働者の基本的人権はなしとされています。この点、戦後日本では初めてのことと思います。弁護士は、法学者は、日弁連は、この点、どんなに考えているのか知りたいです。国難、大原発事故のために、死になさいというのは、「おひさま」の姿です。まして、東京電力の金儲けのために!そんなの、おかしいです。ぜひ、その点での考えを聞かせてください。
Posted by 京都生協の働く仲間の会K at 2011年06月18日 22:20
意見を書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45422449
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック