2011年07月30日

京都市長選挙出馬声明

 来年2月におこなわれる京都市長選挙に出馬することを、本日記者会見で発表しました。3.11東日本大震災や福島第一原発事故を経験し、あらためて行政のあり方について考えてきました。復興に名を借りて利益をむさぼる一部の大企業、真実をひた隠しにし世論を誘導してなおも原発推進をはかる電力会社。今こそ、行政の長が果たすべき役割は大きいと感じます。
 千年の都を一瞬にして人の住めない廃墟にしてしまう危険性のある原子力発電所は廃止していくべきです。私は、30年以上の老朽原発は直ちに廃止、それ以外の原発も10年までに廃止し、自然エネルギーへの転換を図るべきだと考えなす。
 非正規雇用の拡大をはじめ、格差が拡大する一方の京都市の現状にたして、何らの対策もとろうとしない現市長。地域経済を立て直し、雇用の確保を図るためには、公契約条例を初めとする「循環」「ボトムアップ」政策が必要です。
 また、梅小路水族館建設を一企業との密室協議で決めるような不透明な運営はやめて、透明な住民参加組織を作るべきだと考えています。各行政区に「区民協議会」をつくり、自らの街は自らつくるという住民自治を徹底したいと思います。
 
 記者会見の模様はあらためて、YOUTUBEに投稿します。また本日発表した声明文についてもあらためてお伝えしたいと思います。とりあえず、本日出馬表明をしたことについてみなさんにお伝えさせて頂きます。今後もよろしくお願い致します。 
 
posted by 中村和雄 at 23:55 | みなさんの意見(9) | TrackBack(0) | 活動日誌
みなさんの意見
立候補 ありがとうございます。ご苦労でしょうが、我々高齢者の味方としてよろしくお願いいたします。先輩などと話しましたら前回と違った雰囲気を感じます。生きる力さらに湧いてきます。ツイッタ-での反響も大きいです。これからの声を出し続けます。
Posted by 村上 at 2011年07月31日 07:24
こんにちは、寺園です。再び勇気ある選択をされたのですね。前回、中村先生の攻勢によって同和行政の問題が大きな争点になったように、今回も市民の関心に合致したたたかいに期待します。

わたしももちろんご協力するつもりでおりますが、ちょっと出る幕はなさそうです。
Posted by 寺園敦史 at 2011年07月31日 10:55
こんにちわ。勇気ある出馬表明、私たちにとっては希望の明かりです、厳しい戦いになると予想しますが、こんどこそ勝利をと私たちも現在から周りを固めています、時間がたつのは早い物だと思いますが、私たちにできることは現在私たちの周りにいる人たちに出馬を知らせ、色々な人たちに知ってもらうことしか今はできません、また、私にできることがあればお役に立ちたいと思います、何でも言いつけてください、今度こそ勝利をもぎとろう、京都市庶民のために。
Posted by 竹本繁夫 at 2011年08月02日 09:02
こんにちは。神戸女学院大学の石川です。兵庫の憲法県政の会の企画に登場していただいたのは、前回市長選の直後でした。今回も、大いに応援させていただき、また取り組みの工夫に学ばせていただきます。勝利の道をきりひらいていきましょう。
Posted by 石川康宏 at 2011年08月02日 20:08
今回立候補されたこと、大変うれしく思います。
京都市が初めて建設した大規模団地、洛西ニュータウン、入居時パンフに記載した、高速鉄道(地下鉄東西線)も30年経過した現在 西京基本計画では、いつの間にか区民の願いに後退しました。平成18年に策定した 洛西ニュータウンまちづくりビジョン〜もっともっと 魅力あるまちを目指して〜実現のための推進についても 推進母体を見直し「区民協議会洛西」として住民参加で推進するよう、洛西プランについて提案させて頂きますのでよろしくお願い致します。
Posted by 洛西の青年 at 2011年08月28日 23:20
中村先生の立候補は、京都のみならず京阪神の無党派市民層にとっても希望の星だと思っています。

いま政党活動の枠を越えて声援できる基礎自治体の首長など、まったく見当たりません。

来年は、なにがどうあっても是非とも当選していただきたいものだと願ってやみません。

Posted by グループたんぽぽのたね at 2011年09月03日 15:44
桂駅西口前に居住しています。夜勤明け6:00頃就寝する勤務時に、朝8:00頃から大音量の演説に大迷惑しています。
演説の対象者が通勤の方たちであれば、彼らに聞こえる音量まで下げていただけませんか?
いくら良い事を訴えられていていても、逆効果です。
駅前にも居住する住民がいる事をご理解のうえ、配慮をお願いします。
Posted by 廣川 at 2011年09月12日 19:59
Posted by 宮村 隆志 at 2012年01月12日 08:57
脱原発自体は結構な目標だが、京都のために第一義にに考えないといけないことなのか?疑問だ。むしろ五山の送り火で汚染薪を拒否したことなど、京都人の心に潜むおごりを反省すべきだろう。
脱原発は本当に改革しなければならない恥部をかくすためのカモフラージュ西か見えない。具体的にどのような行動をとるのか貴方は一切明らかにしていないでは無いか。
Posted by 小松雅之 at 2012年01月22日 07:32
意見を書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47041948
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック